日本無線(JRC)のJST-245のスプリアス、IMD特性を確認

JST-245

メインのトランシーバーをトリオのTS-520から、JRCのJST-245に変更してから大分過ぎてしまいました。

昨今のコンディションの不良と、自分自身のモチベーションの低下もあってなかなか聞く機会も激減しております。

お気に入りだったトリオのTS-520

トリオのTS-520は1973年に発売されておりますので、もう45年も経っております。

同社のTS-510に次いで、私が新品で購入した数少ない無線機になります。

その後この商売になってからも、何台も買い取りをさせてもらっております。

7MHz辺りを聞いておりますと、未だにTS-520を使用されておる方が結構おられます。

「オーディオ御三家」と呼ばれたトリオの製品だけあって、あの受信音には未だに捨てがたいものがあります。

「オーディオ御三家」はアンプが得意の山水電気、チューナーにおいては右に出るモノがないトリオ(のちのケンウッド)、スピーカーのパイオニアとしてオーディオファンの人気を集めておりました。

アマチュア無線の大半は聞く事なので、疲れなく心地よい音が何よりです。

さらにTS-520は同時期のライバル機ヤエスのFT-101に比べて、VFOの安定度に圧倒的な優位性がありました。

もちろんアナログ機であり、現在のデジタル技術にはとても太刀打ちできませんが。

メインのトランシーバーをJRCのJST-245に変更

最近JRCのJST-245を4台買取する機会に恵まれましたので、そのうちのオプションの充実した1台を自分用にする事にしました。

モニターユニット、高安定水晶、トーンユニット、各種のフィルターとスピーカー等外部の周辺機器を除けば、フルオプションです。

昔TS-520でCWのラグチューに、夢中になっていた頃はCW用のフィルターがなくてもさほど苦にはなりませんでした。

聖徳太子ほどではありませんが、トーンの違う信号は耳フィルターで聞き分る事ができておりました。

しかしマイクロウェーブに熱中するあまり、CWを40年ほどサボってしまった事と歳の所為も相まって、帯域の狭いフィルターが必要になってきました。

コンディションの悪化もあって、あまり聴いておりませんが、JRCのJST-245のSSBの音もまんざら捨てたものではありません。

何せ業務用の無線機で、あれほど実績のある日本無線の製品ですから。

使っていて安心感があります。

パワーも余裕で150W位出ております。

ただ同社がアマチュア無線機器から、完全撤退したのは残念です。

JST-245のスプリアス、IMD特性を確認

少し時間が取れましたので、JST-245のスプリアス、IMD特性を確認みました。

手始めにスプリアス特性

7MHz

7MHz

21MHz

21MHz

28MHz

28MHz

他のバンドも測定しましたが、写真がピンボケになってしまいましたので割愛します。

いずれも似たような特性です。

700Hz,1700Hz 700Hz,1700Hz

2トーンの信号は700Hzと1700Hz

700Hz,1000Hz 700Hz,1000Hz

2トーンの信号をもう少し近づけて、700Hzと1000Hz

700Hz,2300Hz 700Hz,2300Hz

今度は2トーンの信号を離して、700Hzと2300HZ



コメント