やっと1回目接種ーあまりにも格差があり過ぎるワクチン接種

ワクチンの接種

ようやく1回目のワクチン接種を終了

ようやく1回目のワクチン接種を終える事ができました。
5月10日の当市におけるワクチン接種の予約開始直後から電話をかけまくり。
「ツーツーツー」の話中の音がむなしく受話器から聞こえるばかり。
何度かけなおした事だろう。

クリニックでの個別接種の予約でかかりつけ患者のみの受け付けなので、日頃の通院時の状況から察してそれほど多いとも思えない。
ひつこくかけ続けて二日目の夕方にやっと電話がつながりようやく予約を受け付けてもらえました。
一回目が二か月以上先の7月20日。

いつもの通常の診療時には開院の9時に着いても大勢の先客がいて、だいたいいつもお昼前の診療になりますが、さすがにワクチンの接種はスムーズで9時半の予約で待機時間を含めても10時には接種完了。

ドクターも通常の診療とワクチンの接種で診察室と処置室を行ったり来たり。
ドクターも看護師さんも大変だわ!

ワクチン接種の状況と副反応

ワクチンの接種は簡単でほとんど痛みもありません。
欠陥が細いので血液検査の時は看護師さんが針を刺す場所を探すのに大変ですが、ワクチンの接種は血管ではないので簡単です。

さほど大きくないクリニックなのでワクチンの接種後の待機場所には最大で4人が待機。
15分の待機後異常もなく無事帰宅。
夕方までは何の変りもなかったのですが、18時頃から腕の痛みが出てきました。
26時間ほど経過した現在も痛みはとれておりません。
肩こりの痛みもあったのでロキソニンを飲みましたがほとんど効果がありません。

いろんな面で格差のあり過ぎるワクチン接種

ワクチン接種に関しては菅総理はじめ躍起になっているようですが、反作用であちこちに混乱も起きているようです。
当初高齢者優先とされておりましたが、大規模接種、職場接種等を始めた事により若い人の方が早く接種が終えると言うような逆転現象も起きております。

希望する高齢者は7月末には全員が終えると言っておりましたが、とてもそうは思えません。
後期高齢者の私が2回目のワクチンの接種を終えるのは8月に入ってからです。
さらに女房は同じく後期高齢者ですが私よりも一週間遅れです。
昨日同じクリニックでワクチンの接種を受けた人達も予約時の状況から一回目と思われます。
少なくとも当市では高齢者が全員7月末までにワクチンの接種を終える事はありません。

当市では高齢者の接種状況を公表しておりませんが、推測するに50%以下ではないかと思います。
人口千人未満の自治体と比較するのもなんですが、山梨県の小菅村などは若者を含めて希望者の全員の接種が完了したと報じられております。



無線機の買取依頼は川花書房へ!

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
無線機買い取りの川花書房をフォローする
無線機、本買い取りの川花書房

コメント