ヤフオクの評価ページの表示の変更で商品名とIDが非公開で問題はないか

ヤフオク

ヤフオクの評価ページの表示の変更から大分経ちましたが

表示の変更

ヤフオクの評価ページの表示が2016年10月19日より変更になりました。
何故変更したのか一切の説明はありません。
この変更に伴いどんな問題があるか考察してみました。

落札者にとってのメリットとデメリットは何か ?

メリット

落札者のメリットでは第一に個人情報の観点からみれば、一段と良くなった!
どんな商品を落札しているのか他人から詮索されずにすみます。
内容によっては見られたくない物もありますので!

以前は出品者に「評価しないでほしい」と依頼しなければならなかった。
そもそもヤフオクのIDとヤフーメールアドレスが連携されている事に問題がありますが、迷惑メール、詐欺メールに対しては改善されました。

落札者にとってのデメリットはないのでしょうか !
出品者がどのような商品でどれくらいの価格で落札されているのか、わからなくなりました。
この点は結構大きいと思われます。

同じ良い評価の割合が100%でも安価な商品で100個出品している出品者とブランド物を100個出品して100%の出品者ではチョット違います。
安い商品で高評価をかせぎ高額な商品で悪評価でも見分けがつきません。

このカテゴリーのこの出品者なら大丈夫というのが、わかりにくくなりました。

出品者にとってのメリット、デメリットは何か ?

、デメリット

まずメリットとして考えるのは、落札者から「評価をしないでください」という依頼がなくなる事でしょうか。
過去にも何度か「評価をしないでください」と依頼があったのについウッカリで評価をしてしまう事がありました。

買取の関係で、アダルト本も扱っておりますので、アダルト関係の評価には気をつかいます。
気をきかしたつもりで評価をしないでおいて、「評価をしてくれない」で悪評価をもらった事もあります。

他には私はやっておりませんが、ヤフオクで落札しヤフオクで出品をする、いわゆる「せどり」がやりやすくなります。

デメリットとしては評価の芳しくない人の入札がある時にその人の情報を得られなくなります。
どんな商品を落札し、どんな商品やどんな場合にキャンセルして悪評価をもらっているかは出品者にとっては重要な情報です。

ヤフオクは何をめざしているのか !

何をめざしているのか

1月15日のYahoo!かんたん決済手数料および落札システム利用料の改定について
における「Yahoo!かんたん決済」の決済手数料を無料化は冒頭に書いてありますが、
手数料の値上げは最後の方に目立たないところに書いてあります。

Yahoo!かんたん決済の無料化は落札者の増加で、出品者にも少々のメリットはあるでしょうが、手数料の値上げの方が痛すぎます。

Yahoo!かんたん決済の無料化、手数料の値上げとだんだんと購入者優先で負担は出品者へのアマゾン化!

アマゾンの巨大化、メルカリの追い上げとヤフオクに危機感がある事は容易に想像できますが、ヤフオクが何を目指してシステムを頻繁に変更するのかわかりません。



コメント